カテゴリ:本読み( 3 )

温かい紅茶と・・・。




こんばんは。
久しぶりの夜の更新です。
主人の夏休みが終わり、息子の塾も昨日からまた。
朝の支度は少し忙しくなりましたが
ひとりのゆるりとした時間が持つことができ
寂しさもありますが、ほっとしているのも本当です。
ニャンコたちは相変わらずです。心なしか睡眠時間が長いみたい。
やっぱり静かだからでしょうか・・・。

今日は幾分涼しいようですね。
庭の水遣りをして、深呼吸。
秋が大好きな私。待ち遠しく思いながら空を見上げました。

c0157359_18424434.jpg

 
 久しぶりの温かいミルクティー。秋摘みの紅茶も楽しみです。

c0157359_1844925.jpg


 大好きなマティスの絵が装丁の中に使われていてジャケ買いしてしまった本。
 野中柊さんの本は初めてです。恋愛小説なんてすっかりご無沙汰でした^^;
 「恋人たち」と下の本も素敵な装丁の「マルシェ・アンジュール」
 ひとりの時間は読書に没頭できます。
[PR]
by yayoi19680312 | 2008-08-18 18:49 | 本読み

堀井和子さんの本


5月も残り少なくなってきましたね。
ここのところ半袖がちょうどよく、窓を開けて過ごしやすいことが嬉しい私です。
(ワガママな人で暑くても寒くてもダメなのです、きっと春生まれだからかな?)
でも週末はお天気崩れそうで
もう終わりに近いバラはきっと散ってしまう・・・と思うと
雨を恨めしく思ってしまったり。。。

暑さ寒さも、体調がよい悪いも関係なく、
家で過ごすことが多い私は
いつも傍らに本があります。
マイブームというのがあって
一人の作家さんの作品に惹かれると
その作家さんの本をとことん読み尽くします。
ただ最近は以前の様な集中力がなくて
エッセーなど区切りをつけやすい本を選ぶことが多くなりました。

そんな私の最近のお気に入りの本は堀井和子さんのものです。
10代の頃から彼女のセンスに惹かれ(オリーブ少女でしたから!)
彼女のつくるパンやお菓子のレシピを何度も何度も焼いて
彼女のセンスに憧れていました。
そんな時期を通り越し、今は彼女の書く文章にとても惹かれる私が居ます。
彼女のコダワリや好みは読んでいてとても納得できるものが多く
10代の頃には分からなかった彼女の頑固さにも
今はうなずくことができる自分の年齢が
当時の堀井さんに近づいてきたような気がします。
そんなわけで昔の本を引っ張り出して読む毎日です。

c0157359_19455067.jpg


         懐かしい本たち・・・まだ探せばたくさん出てきそうです。
         本棚の整理をしなければ!
[PR]
by yayoi19680312 | 2008-05-27 19:51 | 本読み

「一カ月のパリジェンヌ」平澤まりこ



平澤さんのイラストが好きです。
平澤さんの文章も。
以前「ものにまつわる日々のこと」を読んだ時にも
嫌味の無い自然な言葉がストンを気持ちに入ってきて
お母さん的な見方をすると「いいお嬢さんだわ~」なんて思ったものです。

この頃の私は「どこに行きたい?」と聞かれれば
きっと「パリ」と答えるくらい「パリ」のことが頭から離れません。
実はまだ行ったことがないお国です。
妄想のパリはど んどん膨らむばかり(苦笑)
ドラ・トーザンの「 パリジェンヌ流おしゃれな自分革命 」を読み フランス人を想像し、
高山なおみさんの「フランス日記」を読み、沢山のビストロを想像し
パリの地図を広げて「アメリ」のことを思い・・・。

いかにも観光ではなく、暮らすように滞在した平澤さんのパリ日記。
すごく好感が持てました。
ブランドものを追いかけるだけじゃない日本人がちゃんといることに
何だかほっとしたりして。
さすがアーティストですね。

私もいつかこんなふうな旅をしてみたいと思いました。

本の装丁もイラストも抜群のセンスだと思います。
オススメの一冊です。
[PR]
by yayoi19680312 | 2007-12-08 06:52 | 本読み